認知症について

一人暮らしの認知症のお年寄りなどが、訪問販売で必要ない高額な商品を買わされる被害が急増しています。

十分な判断能力がないのを承知の上で、同じ物をいくつも販売する悪質なケースが少なくありません。

トラブルに巻き込まれると、解決までに時間も手間もかかります。

被害を防ぐ手だてを考えておくことが大切です。

離れて住む親には、まめに電話するなどして、訪ねてきた人や話した内容を聞くのはもちろん、ホームヘルパーを頼んだり、デイサービスを利用するなど、親が一人で家にいる時間をなるべく減らします。

口座からの自動引き落としにされてしまうと、被害に気づくのが
遅れるので、通帳を家に置かず、口座番号を業者に知られないようにするのも一つの手です。


最近では社会福祉協議会や消費生活センターが、行政、警察、近所の住民などとも連携し、お年寄りの被害を防ぐ例も増えています。

こうしたネットワークがお年寄りを見守っていることを示す紙を玄関に張るだけでも、効果があります。

被害に遭った場合も泣き寝入りしないことです。

消費生活センターなどが交渉に当たると、判断能力がないことを示す診断書などがなくても、無条件に解約できることも多いそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

介護職の確保に四苦八苦 景気回復などで若者減少
Excerpt: 高齢者の介護職を目指す人が減り、特別養護老人ホーム(特養)やデイサービスなどの事業者が職員確保に四苦八苦している。少子化に加え、景気回復で一般企業の求人が増え、若者が「きつい割に賃金が安い」とのイメー..
Weblog: 35歳女ビルオーナーのダイエット日記
Tracked: 2007-03-07 10:22

傍にいて・・・
Excerpt:  「ここが何処なのか?何で自分が此処にいるのか?分からなくなってしまうことがある
Weblog: 38の呟き
Tracked: 2007-03-16 23:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。