介護の新サービス

通信機器を使って一人暮らしのお年寄りが,元気に暮らしているかどうかを見守るシステムに、行政が取り組む動きが出てきました。

こうした見守りサービスは民間業者も行っていますが、ほとんどは異常を知らせるだけです。

親の異変が分かっても、すぐに駆けつけることができない家族に代わり、行政が自宅を訪問する仕組みが注目を集めています。
阪神大震災をきっかけに、お年寄りの見守りに力を入れている神戸市が行っているのは、ガスメーターを使った見守りサービスです。

自宅のガスメーターと電話に設置した通信装置で、ガスの使用量を通知し、お年寄りが何事もなく生活しているかどうかを見守る仕組みです。

毎朝,大阪ガスから電子メールで送られてくる使用量をチェックするのが、在宅介護支援センターの見守り推進員という点です。

使用量がゼロで、外泊などの予定が事前に連絡がない場合、まず電話し、連絡が取れないと自宅を訪問することになっています。

徳島県で町は、居間やトイレなど5か所に温度を感知するセンサーを設け、通った回数と時間帯がインターネットで家族や同町の在宅介護支援センターなどに1日1回通知されます。

データに異変を見つけた家族がセンターに連絡すると、担当者が家を訪問します。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35490593

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。