療法士の質について

リハビリを受ける時の療法士の質について

リハビリをする場合、
利用者側で療法士を選ぶ権利というのは,あまりありませんが、

皆さん専門の学校を卒業しているので、
基礎的な部分は,もちろん備わっていると思いますが、

利用者さんとの最も大切で基礎となる,
コミュニケーションについてもうまくとれない療法士もいるようです。

これは、もちろん経験というのもありますが、
今の若い世代が、同世代の人としか、
コミュニケーションを取って来なかったのが原因で、
一朝一夕に解決する問題ではなさそうです。


最近理学療法では、フィットネスマシーンなどを利用した、
パワーリハビリが行われているところも多くなって来ていますが、
これも利用者に合わせてやらないと、
筋肉などを硬くしてしまい、かえって,
利用者のレベルをダウンさせてしまっている事例も多く見られます。

いずれにしても、リハビリの基本は利用者の機能・能力をどうやって引き出していくかということで、

療法士が動かせるというものではありません。

特に高齢者や、重度の障害を持つ方にとっては,
そういう能力を持った療法士に出会うことが、リハビリの成功につながるでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。