介護の住宅改修について

最近では、公共・民間問わず老人ホームなどの施設は何十人待ち、
多いところでは何百という待機者がおり、
仕方なく自宅で介護されるという家族の方も、多いと思われます。

そうなると介護される方に合わせて、
自宅を改修されたりする方も多いのですが、
介護保険では、20万までしか適用されませんので、
手すりをつけるくらいの改造しかできません。


また、介護用品などの購入やレンタルについては、
先に自分で購入して、後から申請すると10分の1の値段でできますので、特に介護用ベットなど高額商品については利用しない手はないと思います。

一つ気をつけなければならないのは、住宅改修などについても最近は悪徳業者が増えてきていて、法外な値段を請求されたり、
できないことを、安請け合いしておそまつなものを作ってしまい、
保障もしないなど、

都会はもちろん地方でも、そういう例が出てきて現に指定業者から外された会社も存在します。

1番いいのは、知っている地元の信頼できる業者に頼むことですが、そういう業者がいないという方は、

ご自分で業者を探す時は、見積もり無料とうたっている業者であれば、複数の業者に見積もりを頼む。

こちらの要求にあまりにも安請け合いする業者は疑ってかかる。

あまりにも、安い業者は疑ってかかる。

インターネットで業者を調べるなどの対策が大切です。

その業者がどのような家を建てたり、リフォーム
したかが分かれば、実際にそのお宅を見にいってみることも必要でしょう。

一概には言えませんが、会社設立が新しく、リフォーム専門という業者は辞めておいた方が無難でしょう。

また、家屋の改造などについては、お住まいの市町村によって助成金などを出しているところもあるので、
(中には200万までただで助成している町というのもありました。)

利用できるものは、利用してしまいましょう。(手続きがやや面倒ですが)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。